2009年04月26日

◆X-MEN1&2◆

◆X-MEN1&2◆ 1-2000年 2-2003年 アメリカ 主演:ヒュー・ジャックマン 他

◇あらすじ◇

米人気コミックの映画化。遺伝子の突然変異により超人的パワーを持つミュータント“X−MEN”。
人類に疎まれながらも、人間たちのために闘うX−メンの活躍を描く。

X-MEN1 雪深い国道沿いのバーで、見せ物に興じていたミュータントのウルヴァリン。
謎の敵に襲撃された彼は、そこで自分と同じ能力を持つ男女に救われる。
彼らは“X−MEN”の本拠地から派遣されたメンバーだった……。

X-MEN2 プロフェッサーX率いる“X−MEN”は、人類抹殺計画を企てたマグニートー一味を倒し、マグニートーを牢獄に幽閉。
人間との共存による平和が訪れるかに思われた。
しかし、人類のミュータントに対する偏見や嫌悪はやがてX−MENたちにも向けられていく。
そんな時、謎のミュータントによる大統領暗殺未遂事件が発生する。
これにより、人類はミュータントの脅威に改めて恐れおののき、反ミュータント運動を加速させる結果となる。
そして、その運動の先頭には、ミュータントへの生体実験を噂される元陸軍司令官で大富豪のストライカーがいた。

◇感想◇

全米大ヒット!予想を遙かに超えるスーパー・アクション超大作!
作品鑑賞の間、その世界にドップリ漬かれる作品です。
ハリウッドならではの娯楽大作としてお勧めです。

社会から疎外されたミュータントたちの葛藤と闘いを描くSFアクション。

ミュータント(異形の者)として生まれた特殊能力者達。

「人間と共に生存する事を望む」ミュータントと、「人間を支配する事を望む」ミュータント・・・

「苦悩」と「孤独」の描写が物凄くリアルで、迫害する側の人間たちへの反感が強く感じられ、感情移入していく。

SFX、アクション共に目を見張るテンポは凄い!

監督のブライアン・シンガーはカミングアウトした同性愛者だそうです。

それ故に苦悩や孤独の表現がすばらしいのでしょう!娯楽大作です!!
posted by 燃える男!? at 23:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。