2009年04月27日

◆X−MEN:ファイナルディシジョン◆

◆X−MEN:ファイナルディシジョン◆ 2006年 アメリカ 主演:ヒュー・ジャックマン 他

◇あらすじ◇

念動力によってX-MENのメンバーを救い、洪水に飲み込まれていったジーン・グレイ(ファムケ・ヤンセン)の死からしばらく後のこと。
幾人かのミュータントが、人類からの差別と迫害、ミュータント同士の愛憎関係のもつれなどが原因で、チャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)が主催するエグゼビア・スクールから去っていった。
パイロを中心としたドロップアウト組は、人類のミュータント差別に対して武力で対抗し、人類打倒を目指すミュータントのテロリスト組織『ブラザーフッド』に加わっていた。
リーダーは、旧友のプロフェッサーXと袂を分かったマグニートーこと、エリック・レーンシャー(イアン・マッケラン)だ。
一方で、組織が弱体化したX-MENはウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)を筆頭に、ストーム(ハル・ベリー)、スクールの生徒からX-MENに昇格したローグ(アンナ・パキン)らがメンバーになっていた。
強力な戦力だったサイクロップス(ジェームズ・マーズデン)は、恋人だったジーン・グレイを失ったショックから闘いに参加できないほどの心の傷を抱えている。
かくしてX-MENと『ブラザーフッド』は人類を巻き込んで、三つ巴の大戦争状態へと突入する。
その頃、大企業ワージントン社の社長は、ミュータントの息子ウォーレンを救いたい一心で、ミュータントを人間に変える新薬、キュアを開発する。
キュアを使えばミュータントは超能力を失うが、普通の人間になれるという。
ミュータントたちは、「人間になるか、ミュータントのままでいるか」という葛藤の中、究極の選択を突きつけられる。

◇感想◇

ミュータントにとって、能力を失うことは、死ぬよりもつらいことだった。
「薬」「ジーン」この2つが絡み合った戦いのなかで、敵・見方のキャラのひとりひとりに「うそだろ」と叫んでしまうような悲劇の展開があり、それが本当に悲しかった。
敵も見方もはっきりしない。なんのためにかも分からない。
やっぱり、実際「戦う」ってことは・・・「戦争」ってこういう事だ・・・きっと。
多くの犠牲をだし、手に入れた「平和」は、本当に「平和」と呼べるものなのだろうかと見終わった後に考えてしまった。
posted by 燃える男!? at 00:01| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

◆X-MEN1&2◆

◆X-MEN1&2◆ 1-2000年 2-2003年 アメリカ 主演:ヒュー・ジャックマン 他

◇あらすじ◇

米人気コミックの映画化。遺伝子の突然変異により超人的パワーを持つミュータント“X−MEN”。
人類に疎まれながらも、人間たちのために闘うX−メンの活躍を描く。

X-MEN1 雪深い国道沿いのバーで、見せ物に興じていたミュータントのウルヴァリン。
謎の敵に襲撃された彼は、そこで自分と同じ能力を持つ男女に救われる。
彼らは“X−MEN”の本拠地から派遣されたメンバーだった……。

X-MEN2 プロフェッサーX率いる“X−MEN”は、人類抹殺計画を企てたマグニートー一味を倒し、マグニートーを牢獄に幽閉。
人間との共存による平和が訪れるかに思われた。
しかし、人類のミュータントに対する偏見や嫌悪はやがてX−MENたちにも向けられていく。
そんな時、謎のミュータントによる大統領暗殺未遂事件が発生する。
これにより、人類はミュータントの脅威に改めて恐れおののき、反ミュータント運動を加速させる結果となる。
そして、その運動の先頭には、ミュータントへの生体実験を噂される元陸軍司令官で大富豪のストライカーがいた。

◇感想◇

全米大ヒット!予想を遙かに超えるスーパー・アクション超大作!
作品鑑賞の間、その世界にドップリ漬かれる作品です。
ハリウッドならではの娯楽大作としてお勧めです。

社会から疎外されたミュータントたちの葛藤と闘いを描くSFアクション。

ミュータント(異形の者)として生まれた特殊能力者達。

「人間と共に生存する事を望む」ミュータントと、「人間を支配する事を望む」ミュータント・・・

「苦悩」と「孤独」の描写が物凄くリアルで、迫害する側の人間たちへの反感が強く感じられ、感情移入していく。

SFX、アクション共に目を見張るテンポは凄い!

監督のブライアン・シンガーはカミングアウトした同性愛者だそうです。

それ故に苦悩や孤独の表現がすばらしいのでしょう!娯楽大作です!!
posted by 燃える男!? at 23:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆トランスポーター2◆

◆トランスポーター2◆ 2005年 フランス 主演:ジェイスン・ステイサム 他

◇あらすじ◇

プロの運び屋=トランスポーターの活躍を描いた「トランスポーター」の続編!
“運び屋”から引退し、マイアミで6歳の少年ジャックの運転手として働くフランク。
平穏な日々も束の間、ジャックが女殺し屋に誘拐される。
フランクは決死の覚悟で敵のアジトヘ乗り込むが、敵の狙いは身代金ではなかった・・・。

ルールを破る仕事―その時、男のプライドを賭けた闘いが幕を開ける!
舞台はアメリカ・マイアミ。
“運び屋"から引退を決意したフランクの今度の依頼品は、たった6歳の少年ジャック。
“運転手"という仕事で上流階級の一人息子の送り迎えを引き受ける。
そんな矢先、突如女殺し屋が現われ、ジャックが誘拐される。
引きさかれる間際に、フランクが少年と交わした固い約束「必ず君を守る。守れない約束はしない」。
そして決死の覚悟で敵のアジトヘ乗り込んだフランクは、ジャックを救出することに成功するが、敵の本当の狙いは身代金などではなかった!
【24時間以内に死に至る殺人ウィルスの存在】【大統領暗殺計画】、次々と浮かび上がる驚愕の事実。
そして、ジャックは、そのウィルスを注射されていた。
「僕を守るって約束したよ!」と泣き叫ぶジャック。
誘拐犯の真の目的とは!?そしてフランクは少年の命を救うことができるのか?

最強最速の運び屋が帰ってきた!今度の任務は危険度≪無限大=∞≫!!は!?そしてフランクは少年の命を救うことができるのか?

◇感想◇

続編は制作費増!
「これでもかっ!」ってぐらいアクション!カースタントを詰め込み、更にスケール・アップし、序盤の静かな流れが一変してからは、まさにノン・ストップでラストまで突っ走る。
まさに爽快アクション映画!

ホコリっぽい場所を爆走し、建物や車にガンガン当たろうとも決して傷つかずピッカピカな車!

あの動きなら間違いなく白い汚れがつくはずのに、汚れひとつみられない漆黒のスーツ!

あのカーアクション!

「ありえねえ!」

しかし、映画を見終わった後の爽快感。 やみつきです!(笑)
posted by 燃える男!? at 23:54| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。